青い目のふわふわ天使    ~ラグドール Flan~

ふわふわな子猫がやってきて、ほんのりすごす日々の幸せ

Entries

事件と感謝


昨日のお話の続きです
引っ張ってすみません。



さて、帰ろうと新幹線の駅まで来ました。
ロシアのキルター達との交流会に、
せっかくの機会だからとお誘いした友人と二人でした。
乗車まで時間がちょっとあったので、
トイレに入った時のことです。

友人が転んで瞼をけがしてしまったのです。
出血がひどかったので、すぐに駅員さんに連絡をとりました。
結局、大事をとって救急車を呼ぶということになり
私たちはそのまま近くの慈恵医科大病院へ運ばれました。

細い糸で5針も縫う結果となりましたが
首や頭などのCTも撮っていただいて
異常はないとのことでほっと一安心です。
でもお誘いした側として責任を感じます。

CIMG0100_convert_20110126211207.jpg

これは治療が終わって帰るときのお写真です。
昨日の救急車のお写真も私たちが乗ったものではありません
もちろんそんな余裕はなかったですしね。

深夜ですが、次々と救急車がやってきます。

緊急を要する方が多いのですね、
治って帰ることができることを祈らずにいられません。



もう新幹線もなくなってしまったので、
急遽、近くのホテルに入ったのが、深夜1時ころでした。
偶然にも先週名古屋から転勤してきたばかりという救急隊員のかたが
お仕事に全然関係なく、ご親切にホテルを探してくださいました。
大事に至らなくてよかったという気持ちが一番でしたが、
真夜中の見知らぬところで路頭に迷うことなくすみました。


次の朝、東京駅では、前日お世話になった駅員さんや駅長さんが
無事新幹線に乗れるよう取り計らってくださいました。
みなさんの親切にも感謝です。



CIMG0062_convert_20110126212321.jpg


大事に至らなかった今ですから言えることですが
救急車に乗ったのは初めてです。
「救急車って、道を譲ってもらったらちゃんとお礼を言うのね・・」
と変なことに感心してました。


名古屋駅について、御迎えに来てくださったお嬢様に友人を引き渡し、
帰路につきました。
日帰りで帰ってくるつもりだった私です。

自宅へついた時、またまた一騒動が持ち上がったのです。

また・・・ひっぱろうかな・・・
長くなるので続きはまた明日・・・



大したことがおこるわけじゃないけれど
展開は安っぽいサスペンスドラマみたいでしょ
続きをお楽しみに・・・
にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ
にほんブログ村

Comment

 

お友達…大変でしたね。瞼を縫う怪我、痛かったでしょうね。。
一緒にいらっしゃったflanmamaさんも、不安だったことでしょう…
私も救急車2回乗りましたが(自分の1回、かんちゃんのことで1回)
何度も意識確認をされたり、パニックな中でも、
ああ~救急車ってそうなんだ…って思う冷静な自分がいたりしました。

色々と大変でも、人の温かさに触れると、
心強い気持ちでいることができますよね。
…でもまた帰宅後にひと騒動??
今度は何かしら~~!! 気になっちゃいます。
  • posted by shi-ko 
  • URL 
  • 2011.01/27 01:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

大変でしたね・・・

救急車ってはじめて乗ったらちょっとびっくりですよね。
ワタシも2度程乗りましたが・・・自分の腹痛で(笑)
なんだかこわいような、ものめずらしいような・・・
まぁ、それも大したことなかったから言えることです・・・
ほんと、大事にいたらなくて良かったですね!

え?まだ続く・・・??
  • posted by anemone 
  • URL 
  • 2011.01/27 10:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

うわ~大変でしたね。
大事にはいたらなかったとはいえ、とても出血する場所の怪我だから心配も大きかったと思います。
そういう時って、本当にいろんな人の親切が身にしみますよね。
ともあれ、flanmamaさんもお友達も無事に帰ってこられてよかった…
で、つづくって!!ドキドキ
  • posted by usainu 
  • URL 
  • 2011.01/27 17:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

わわわ、そんな事があったんですね!
昨日の続きとしては想定外に大変だったじゃないですか。
私も救急車に2回乗ったことあります。
2回目の時は、頭と耳を縫いました(汗)
救命士の人達は冷静で優しいですよね。
その冷静さでコチラが落ち着きます。
ホテルを探してくれた救急隊員サンや
駅員サン達の親切にも助かりましたね!
世の中なかなか捨てたもんじゃないって思う瞬間ですよね~。
  • posted by ミカ姉 
  • URL 
  • 2011.01/27 17:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

お友達が怪我されたんですか。
大変でしたね。
救急車は3度も乗ったことがあります。
いいことじゃありませんね。
でも優しい人との触れ合いが感じられて良かったですね。
フランちゃんはいい子にしてたんでしょうね。
  • posted by うみねこ 
  • URL 
  • 2011.01/27 22:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

コメントありがとうございました 

☆shi-koさん
  痛かったと思うの。
  でも目じゃなくてよかったと、不幸中の幸いでした。

  shi-koさん、2回も乗ったの!
  ご自分のときもそうでしょうけれど
  かんちゃんのときは生きた心地がしなかったでしょう。
  でも今はお二人とも元気そうだから大丈夫だったってことね。

  それで救われることがあるのですから
  救急車ってありがたいですね



☆anemoneさん
  まぁ、anemoneさんも2回?
  助けられた人がたくさんいるのですね。
  目を怪我したのじゃないとわかってからは
  治る怪我だと思って少し冷静になれました。
  痛いときにはすがりたくなりますね。



☆usainuさん
  ドアの外から名前を呼ばれて出てきたら
  真っ赤に染まったハンカチを顔に当てている友人がいて
  本当にびっくりしました。
  駅に医務室みたいなのがあるかと思ったのですがないのです。
  たくさんの人がいるところですから必要だと思うけど・・・

  通りがかりの方からも声をかけて頂いたり
  まだまだ日本は温かい人がたくさんいると心強く思います。
  ここから先はドジなお話です。



☆ミカ姉さん
  血を見るととてもあたふたしてしまいます。
  ミカ姉さんも2回も乗ったのですね。
  そのときの後遺症が響いているのはつらいですね。
  早く完璧に治ることを祈ってます。



☆うみねこさん
  私がお誘いしたので申し訳なくって・・
  お顔の怪我だから跡が残らないよう願っています。
  うみねこさんは3回も乗ったのi-198
  結構経験者が多いのに驚きました。

  そんな時も頭のどこかに冷静な部分があって、
  救急隊員の方のきびきびした行動に感心したりしてました。

  はい、フランはいい子にして待ってましたよ(^^)
  • posted by Flanmama 
  • URL 
  • 2011.01/28 00:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

Flanmama

Author:Flanmama
【名前】 Flan
【猫種】 ラグドール 女の子
【毛色】 ブルーポイントバイカラー
【誕生日】 2008年3月29日

ランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索