青い目のふわふわ天使    ~ラグドール Flan~

ふわふわな子猫がやってきて、ほんのりすごす日々の幸せ

Entries

想い出の品


ぱぱしゃんの実家を解体する事になりました。
100年以上たった古民家ですが、誰も住まなくなってずいぶんたちます。
人が住んでいないと傷みもひどくなり、維持して行くのもとても大変です。
以前から壊すお話は出ていたのですが、思い出もたくさんある義母にとっては
口では壊すとは言っても、やはり複雑な思いがあるのでしょう・・・


壊してしまう前に中へ入って大事なもの、思い出の品を取り出しました、
その中に、こんなものが私の目に止まりました。

義母が若いときに締めていたと言うふる~い帯です。
相当汚れていましたし、捨てるといいましたが
私にとっては宝物に見えました。

解いて、洗って・・・

CIMG9518_convert_20101213202232.jpg


CIMG9517_convert_20101213202156.jpg

きれいでしょう?
もちろん汚れや傷みはいっぱい残っていますが
このまま捨ててしまうにはしのびません。

たとえ小さなものでも、義母の思い出を生かす作品にできたら、と思います。
少しは慰めになるかしら。

いいとこのお嬢様だった義母は、
これを締めてお稽古に通ったのだそうです。
20歳くらいのころ・・・・
いま、91歳ですから、70年も前の事・・
すごいお話です。


こんな可愛い帯を締めている可愛い義母を想像してほほえましくなりました。
にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ
にほんブログ村

何をつくりましょう・・・
ミニキルトもいいけれど、小さなバックも義母は喜ぶかもしれません。


《 お願い 》

もし、捨ててしまおうと思っている古い着物などがありましたらお知らせください。
そのまま捨ててしまえばボロにしかならないものでも、
私たちには、手を加えて生き返らせることができます。


どんなに汚れていても、たとえ破れていても、
私たちは、切って使うわけですからそのままお渡しいただければうれしいです。
おばぁちゃまやおじいちゃまの古い着物、何に使うのかわからないような布
捨てる前に、ぜひ、ご一報を!

断捨離とは真逆ですが、それとこれとは別腹です。

Comment

No title 

『腐っても鯛』と同じように『ボロでも絹』って母は言います…
本当に『生き変える』んですもの…でも技術もないとね~?
お義母さまも思い出の柄が形になって手元にあったら嬉しいでしょうね~
そう言えば母の母の着物も母は保存してます!
今度、見せてもらおうかな~?写真、撮ってきますね(*^^)v
  • posted by テトママ 
  • URL 
  • 2010.12/13 23:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

んまぁ・・・91歳!
お義母様、お元気でなにより。
古いものはいいものがたくさんあるし、色柄もかわいいですよねー。
思い出の品が素敵に蘇ったら、きっとお喜びでしょね(^^
↓フランちゃん、いいおしごとしましたね~(笑)
  • posted by anemone 
  • URL 
  • 2010.12/13 23:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

100年以上の古民家!
住んでいたいけど、住んでないと痛むのはしょうがないですね~。
なんか壊してしまうの勿体ない・・・・。
ちょっぴりツライですね。
70年物の帯、ステキ~!!
何に生まれ変わるか楽しみです!
私はフリーマーケットに出そうと思いつつ、
何となく出せないでいる、
七五三の時に使った飾り帯があります。
価値の分からない人に二束三文で買われて行くのもイヤだなぁって思って出せませんでした。
もちろん、そんな高級な物ではないはず。
髪飾りや飾り髪(お団子髪)とかもあります。
こんなものでも使えますか?
  • posted by ミカ姉 
  • URL 
  • 2010.12/14 00:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

いいですねえ~、思い出の古布をよみがえらせる…
お義母さまもとてもお喜びになるでしょうね。
昔のはつくりもしっかりしているし、意匠もステキだから
本当にこうして生かせるのは素晴らしいことだと思います。
私もそのうち、flanmamaさんに託したいものが出てくるかも!
  • posted by usainu 
  • URL 
  • 2010.12/14 07:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

flanmamaさんなら、きっと古いお着物でも素敵に使ってくれそうですね!
うちも祖母がお花を教えたり、お茶を習ったりするのに、
結構着物を持っているので…
もし処分するものが出てきたら、flanmamaさんに連絡してみますね。

お義母さまのお着物、優しいお色で素敵です。
思い出もいっぱいあるでしょうから、バッグでもキルトでも、
とっても喜ばれるでしょうね~♪ 




  • posted by shi-ko 
  • URL 
  • 2010.12/14 10:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あるんですよね、その手の物
絹の風合いはまた格別ですね

母が結婚の時作ってくれた着物で、残念ながら「これは私には合わないな」と言う着物や帯もあります。
来年はそんな物を持って、フランママさんのお宅へGOだわ!
待っててね。
  • posted by 千 
  • URL 
  • 2010.12/14 11:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

100年!!!
勇気のいる決断だったでしょうね。
お着物が何に生まれ変わるのかとっても楽しみです!
  • posted by まろん 
  • URL 
  • 2010.12/14 12:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

フランママさん!!
どんな古民家ですか?100年前というと明治後期ですね。
とても気になります!!
職業病で・・・(汗)
明治時代は和の空間に少しの良質な洋が混在する魅力的な時代ですよね~。

私にとってはそれが別腹かしら(笑)

フランちゃん帯に寄り添って・・・お正月はかわいい晴れ着きたいのかしら?だって女の子ですものね♪
  • posted by るり 
  • URL 
  • 2010.12/14 18:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

コメントありがとうございました 

☆テトママさん
  絹ばかりじゃありませんが、
  古くて汚いと捨てられてしまうものの多い事!
  捨てたらただのごみでしかないものに、
  命を吹き込めたらうれしいです。
  そんなお手伝いができる事を幸せと思います。
  捨てられないものは大事にしてとっておくのもいいことですが
  もし手放すことがあったら是非ご一報を。
  捨てないでね!

  おばあさまのお着物を、もしご自分で何かに作り変えたいと思ったら
  お手伝いしますよ。


☆anemoneさん
  私はお針仕事を趣味としているので布を見ると黙っていられません。
  義母は汚いから捨てると言ったのですが、
  こんなに可愛い布はめずらしいのです。
  これをどんなものにするかは今考え中です。

  フランちゃんは今日もい~いお仕事してますよ~7



☆ミカ姉さん
  ずいぶん傷んできたのでご近所に迷惑がかかってもいけませんし、
  私達の力では維持できなくって・・・せつないです。
  まだお庭の木々が残っているのが救いです。

  フリーマーケットにも出セなかったものには想い出が
  たくさん詰まっているのでしょう。
  しばらくは大事にもっていて、もし手放すことになったら
  またお知らせくださいね。
  ご自分の七五三の着物がしまって置くだけじゃなく
  何かになったらうれしくありません?



☆usainuさん
  だいぶ傷んだり汚れたりしているので、
  どこに鋏を入れるかが思案どころです。
  もったいなくて、じっくり考えてからにしようと思いますけど。
  ここで記事にしちゃったから、後には引けませんね
  義母が元気なうちに作らなくちゃ・・・
  
  東寺の骨董市、行きたいです♪




☆shi-koさん
  日本の古いものって味わい深いものが多いのですよね。
  親戚のお年寄りがなくなったときに
  処分する事になった古いお布団が気になって、もらってきました。

  昔は、お着物としてきられなくなったものを解いて、
  つなぎ合わせてお布団に仕立てたのだそうです。
  100歳を過ぎた方のものでしたのでかなり古くて
  縫い合わせるのにも無理があったのですが、
  見ているだけで幸せでした。
  母があきれてましたけど・・・

  でもみんな捨てちゃうんですよね~
  もったいないと思うの・・・




☆千さん
  母が結婚のときに持たせてくれたものはまだ鋏を入れられません。
  一度も着たことのないものもたくさんですが・・・
  千さんならちゃんと活用なさっているから
  お着物も喜んでいることでしょうね。
  汚れたり傷んだりして、もう着られないと思ったときにはぜひ!

  フランに会いにくるときは手ぶらでいいですから
  来年はきっと、ね!



☆まろんさん
  朽ちていく建物を維持できる力は私たちにはありませんでした。
  義母には申し訳ないけれど・・・
  せめて、私のできる事で、何とかして見たいと思います。
  さて、どうなる事やら。



☆るりさん
  わ、どんなお仕事なのかしら
  梁を残したりもしたかったのですが
  そうすると解体料がすごく跳ね上がると言うことで
  ほんのちょっと残してもらうだけで諦めました。
  (この梁は、主人の友人の木工作家になった方のところへ行くことになってます)
  代々医師の家だったので、 引き出しのいっぱいある薬箪笥とか
  面白いものはのこしました。
  電気の笠も 大正ロマン(明治?)ぽいものがあったりして・・・
  だんな様と義姉はそう言うものに全然興味がないので
  私一人でやきもきしてます。

  お蔵は壊さずにそのまま残したのですが、
  中に何があるのかはいまだに謎です。
  探検したいのですが、嫁の立場として言い出せず・・・
  布と小物以外は遠慮しました。
  • posted by flanmama 
  • URL 
  • 2010.12/14 23:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

Flanmama

Author:Flanmama
【名前】 Flan
【猫種】 ラグドール 女の子
【毛色】 ブルーポイントバイカラー
【誕生日】 2008年3月29日

ランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索