FC2ブログ

青い目のふわふわ天使    ~ラグドール Flan~

ふわふわな子猫がやってきて、ほんのりすごす日々の幸せ

Entries

願い




昨日の野良猫さんですが、とりあえず一時預かりさんが見つかったとか。
これからずっと暮らしていくおうちを探すことになります。

とりあえずではあっても、ほっと一安心です。
でも、まだ問題が山済みです。



その子は鈴ちゃん(首輪に鈴がついていたので)といって
お庭に現れたのだそうです。
首輪をしていたので遊びに来ているのだと思っているうちに
おなかが大きくなってきて、
出産時に赤ちゃんがつかえてしまい、病院へ運び込んだのだそうです。
そう、うちの子がお世話になっているこの病院です
         
獣医さんの自慢の記事
 
昨日たずねていらした方は、私が、交通事故にあった猫さんを
その獣医さんへ連れて行ったときにお会いした方でした。


赤ちゃんたちは死産でしたが、鈴ちゃんはなんとか乗り越えました。
せっかく助かった命ですから、
この先安心して暮らせるおうちを探してあげたい。
明日退院して、近所の猫好きなお兄さんのところに
一時預かりをしていただけることになりました。

このままそのお兄さんに可愛がってもらえるのならそれも幸せ。

子猫じゃないので飼っていただける人を探すのは難しいかも・・・・

まだ血液検査もしていないので、これからも大変そうです。




違うお話ですが、
そのお世話していらっしゃる方の友人の経験談です。
以前引き取った子がエイズにかかっていたそう・・・
そのときはわからなかったそうですが、
先住の2匹の猫さんにうつってしまいました。
結局引き取った子は亡くなったのですが
エイズがうつってしまった2匹の猫さんが大変な思いをされたとか。
そう考えるとむやみに安易な同情心で行動するのも憚られます。


でも、ここでまた悩みが増えます。



今回の子は獣医さんでおなかの手術をしたのです。

もし、万が一その子が何か伝染性の病気を持っていたら・・・
病院へ行ったほかの子にうつると言うこともありますよね。
もちろん病院ですから消毒はしているでしょうけれど。

人間でもそうです。
私は、インフルエンザが流行っているときなどは
多少のことでは病院へ行くのを避けたりします。
かえってもらってきてしまうこともあるかもしれませんから。

考え始めるときりがありません・・・
心配しすぎでしょうか。

でも、気をつけることも必要なときがありますね。
猫さんは自分では危険を回避することはできないのですから。
大切な家族を最優先に守る・・・
自分にできることはそれだけなのかもしれません。


まだまだ思いは複雑です。



CIMG9414_convert_20100915222552.jpg

こんな幸せな睡眠が世界中の猫さんに訪れますように・・・


にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ
にほんブログ村

Comment

No title 

う~ん、そのへんの感染対策は、さすがに万全だとは思いますし
それを考え始めると他の病院だってどんな病気の子が来てるか
わかりませんよね(その意味では待合室も恐い?)
病院を信頼したいけど、なにせ人間の病院でもあんなことがあるし
ぐるぐる考えると…
でも定期的に診てもらうのはやっぱり大切なことですものね。
フランちゃんの場合は、ほんと往診を選択肢に入れてもいいかも。
ワクチンはきっちり1年ごとでなくてもいいみたいですよ。
獣医さんによっては3年に1度でいい、あるいは打たなくていいという人も稀にいるくらいだから…(^^;)
私も実は打たないリスクより副作用のほうが気になる派で、めちゃくちゃ悩み続けています。
  • posted by usainu 
  • URL 
  • 2010.09/16 07:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

大事に思えば思うほど、箱入りにゃんこだから余計に、
外には感染症や寄生虫や、危険なことがいっぱいって思いますね。
どうしても具合が悪くて行かなければいけない時でも、
やっぱり待合室とか、本当に安全だろうかと考えること、あります。

「靴にウイルスがついてきて感染することもあるんですよ」、って
獣医さんで言われて、「だからワクチン打ちなさい」ってことだったんですが、
じゃあここに来るのもかなりのリスクだなあ、と思った覚えがあります。

ほんと、どんな猫さんも元気で幸せになってほしいものですよね…
  • posted by shi-ko 
  • URL 
  • 2010.09/16 10:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

鈴ちゃん!幸せになってほしいですね~

病気の事は色々ありますよね
これが正解というのはないと思うし・・
人それぞれの考え方を否定もできないし
そうだとも言えないし
難しいですよね~
実は安全な場所なんてないのかも???
考え出すと~何もできなくなっちゃいますよね
とにかく・・みんにゃが健康で幸せになってほしい
ただただそれだけ・・かな
ほんとそう思います
  • posted by iomoca 
  • URL 
  • 2010.09/16 19:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

コメントありがとうございます 

☆usainuさん
忙しいのに来てくださってありがとう♪
そうなのよね、このことはいつまでたっても堂々巡りです。
結論は出ませんよね、何が一番いいのかなんて。
後は信じるしかないかしら・・・



☆shi-ko さん
どこにウイルスがいるかわからないのだから
ワクチンを・・・と言うのもわかるけど、
つい先日も、ワクチンのせいで亡くなった猫さんの記事を見ました。
怖くて最後までは見ませんでしたけど
生きている限り、どこにでも危険はありますものね
それをいちいち気にしていたら生きていけないし・・・
困ったものです。



☆iomokaさん
みんにゃが健康で幸せになってほしい・・・ほんと!それだけでいいの。
イオちゃんも、うんpが早くよくなってくれますように。
  • posted by flanmama 
  • URL 
  • 2010.09/16 21:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

鈴ちゃんの幸せを祈っています。
私もこのような件に関しては何も出来ないぶん心が締めつけられるようでツライです。
やっぱり、記事を良く読む事も出来ません。
読めば読むほどツラくて・・・(苦)
病気に関しては人間(特に子供)も同じなので、
飼い主が気をつけてあげられる範囲で頑張るしかないと思います。
どうしても不可抗力ってあるし・・・。
ワクチンはシロップの通う獣医さんには2歳以降は2~3年に1回でいいと言われてます。

ホントにホントに・・・心ない人間が居なくなりますように!!
  • posted by ミカ姉 
  • URL 
  • 2010.09/17 00:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

☆ミカ姉さん
  自分で面倒をみられなくなったなら
  せめて次の飼い主を探すくらいの努力をすべきだと思います。
  命あるものなのになぜ、捨ててしまえるのでしょう。
  本当の愛情を知らない可愛そうな人なのかもしれませんね。

  私たちはすべての子を救うことなどできるわけがないのですから
  (とてもつらいけれど)
  せめて自分に託された子が幸せに過ごせるようがんばります。

  のんきなわが子は幸せそうです・・・・
  • posted by flanmama 
  • URL 
  • 2010.09/17 22:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

Flanmama

Author:Flanmama
【名前】 Flan
【猫種】 ラグドール 女の子
【毛色】 ブルーポイントバイカラー
【誕生日】 2008年3月29日

ランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索