FC2ブログ

青い目のふわふわ天使    ~ラグドール Flan~

ふわふわな子猫がやってきて、ほんのりすごす日々の幸せ

Entries

傷痕確認です




昨日抜糸して・・・傷痕を確認。
どれどれ・・・?
傷痕

もっと良く見せて。
傷跡
長さは・・1.5cmくらいかな
そっと触ってみても痛くはなさそうです。
一部ちょっと硬くなっていますが、それもそのうち気にならなくなるそうです。

それにしてもピンク色のきれいなおなか(茶色いのはきっと消毒液の色ね)
ポニョポニョでかわいい・・・heart

あら、ちっちゃなオッパイが見えてます・・・はずかちいねこ



そして今日も確認。 抜糸後2日目になります。
あらぁ、ずいぶんきれいになりましたねアップロードファイル
2日目
もう安心ですね。


ツルツルのおなかが冷えないように
術後服を参考にちょっと試して見ました。
その辺にあったタオルで・・・・(適当ですみませんアップロードファイル
不満
すごく不満げ・・
どうせならもう少し可愛いのにしてください・・ぴかちゅ
まぁまぁ、これは試作品ですから・・・えへ

でもこの調子ならちゃんとした服ができる前に治ってしまいますね。
若い乙女の快復力ですって。
よかった、よかった。


よかったねって、下矢印クリックお願いします。
     にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ


それから・・・




あたちの先生医者の自慢、してもいいかちら。
あのね、あのね、・・・えっとね・・・う~ん、ちょっとムジュカチイから おかぁしゃんお願い


そうね、自慢しちゃいましょうね。

先代のコニィちゃんからお世話になっている先生。
そのほかにも色々お世話になっています。

中でも一番印象に残っているのは・・・・
交通事故にあったらしく 下半身がまったく動かない猫ちゃんが
近くのスーパーの入り口に捨てられていたときの事。
急いで先生のところへ連れて行ったら、
骨盤をボルトでつなぐ2回もの大手術となりましたスゴイ
アメショー似の可愛い子。
すっかり元気にして頂いて、そんな大手術を受けた子とは思えないほどになりました。
うちの子じゃないのだからと 料金も格安にして頂いて・・・(助かります jumee☆thanks4
(その後私の友人宅へ貰われて可愛がられています)



コニィちゃんの時も特別でした。
年末に急に体調が悪くなったとき、
ダメとは思いつつ、先生の留守電に窮状を訴えました。

どこの獣医さんもお休みです。
犬猫の救急病院は1時間以上もかかるほど遠いところ。
1時間もかけて連れて行くのがいいのか悪いのか、
飼い主さんの判断で、と言われてしまったら車嫌いの子を無理して連れて行くのは
負担が大きすぎてかえった良くないと判断せざるを得ませんでした。

そうして除夜の鐘が鳴り終わり、新しい年になって午前1時頃
電話が鳴りました。
先生です。
胸の詰まる思いで 状態を説明すると 「今から来れますか?」と。
大晦日ですよ、申し訳ないとは思いつつ お言葉に甘えて飛んで行きました。
処置をして頂いて、ぐったりしていたコニィちゃんがみるみる間に元気を取り戻すことができました。
ホントにホントに感謝です。
そんな先生・・・・


15歳くらいの頃のコニィちゃん。 若々しいでしょ。 とても美人さんでした。
cony


長くなっちゃうけれどもう少し。

先生ご自身も猫好きさんらしく、ご自宅にも病院にも猫ちゃんがいます。
野良猫さんだった子や、治療で連れてこられたのにそのまま見捨てられた子とかだそうです。
受付でよくうろうろしている足の不自由な黒猫さんは
人工肛門、人工尿道口を付けて貰って命拾いをした子です。

いたずらな猫ちゃんに注意する先生の口調の優しいこと!(ぽっぴかちゅ

そんな先生・・・

腕も気持ちも確かです。

まだまだあるのですが 私が信頼するのがわかるでしょ?
看護婦さん達もやさしいの。
そんな先生に診て頂けるフランちゃんは幸せです。
なるべくならお世話にならないほうがいいのですが・・・






.

Comment

 

おお、ペコも!脇の下から足の付け根のリンパまで切りました。
だから避妊の6cmもたいしたことないかな~?って思って…
コニィちゃんも2,5㌔?シータんも2,5㌔、ペコは2,6㌔でしたよ~

皮膚の下の筋肉を縫った糸(溶ける糸)が残ってるんですよね~
でも↑若い皮膚だからキレイね~すぐに回復しちゃうわねv-91
  • posted by テトママ 
  • URL 
  • 2009.01/17 18:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

病院選びは本当に最優先で重要課題ですよ。
比較的安心な避妊手術だって、わざと子宮を残して卵巣を縛るだけの
ドクターもいるそうですし。(子宮系の病気になれば手術になるので残すとか)
横浜市は夜間のリリフー施設への出資病院が増えてしまい、夜間どころか
定時以外は電話も繋がらない所が多くなりました。
幸い我が家は、臨床経験の豊富な主治医の病院3軒がバックに付いているので
心強いんですけどね。v(^^)
でも健康体だと、ワクチンと健康診断以外は、すっかり疎遠になりますね。(笑)
  • posted by crystal 
  • URL 
  • 2009.01/17 21:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

☆テトママさん

  ペコちゃんもいっぱい切ったのね。
  本当にかわいそうでした。
  それなのに、そんな身体で面会に行った私達の顔を見て
  ニャーと鳴きながら立ちあがってそばへ来ようとするの。
  起きなくていいからとなだめつつ、
  私達との絆を再認識したものでした。
  その頃は2.5㌔。
  一番重いときでも2.6㌔しかない小さな身体でしたよ。
  (それでもそれから8年も元気でいられたのはやはり先生のおかげと思っています)

  その記憶があるからフランの手術も心配でした。
  術後は大事、大事に扱って・・・

  傷を見たら、なんて小さいの!
  きっと普通の避妊手術と言うのはこんなものなのでしょうね。
  それじゃなくちゃ、推進できるわけないもの。
  よほどの事がなければ安全な手術なのでしょうね。
  もちろん色々な場合があるでしょうけれど・・・

  よかった、と今 心からそう思います。



☆crystalさん

  ホントに信頼できる先生に巡り会えること、選ぶ事が
  飼い主としての努めですね。
  それに距離の問題もありますね。
  あまり遠いのも困りますし・・・

  でもできるだけ疎遠でありたい・・・・矛盾だらけです。

  • posted by flanmama 
  • URL 
  • 2009.01/17 22:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

コ二ィーちゃん、とっても綺麗な猫ちゃんですね(^.^)
さぞ自慢の猫ちゃんだったんでしょうね。
先生のお話も感動しました(*^。^*)
とっても素敵な先生がいて羨ましいです。
フランちゃんも安心ですね(=^・^=)
腹巻のフランちゃんは不機嫌そうですがね^m^
ところでコ二ィーちゃんのお写真は凄く素敵なんだけど
誰が撮ったのかしら?
  • posted by うみねこ 
  • URL 
  • 2009.01/18 12:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

☆うみねこさん 

  ありがとうございます。
  コニィちゃんの話しになると涙を抑えられません。
  褒めていただいて本当に嬉しいです。
  優雅で美人でいい子でわがままで甘えっ子で
  控えめで・・・総てが特別でした。

  フランとも同じように心の通い合う仲になりたいと願っています。

  このお写真は私が撮ったものです。
  ピントは甘いしテーブルの脚はうつっているしと
  突っ込みどころ満載ですが
  コニィちゃんの美しさが良く分かるのでお気に入りの一枚です。
  いつも手帳にはさんで持ち歩いているの。

  腹巻のフランですが今日のお写真↑はもっと笑えます。
  この子は我が家のお笑い担当に就任するかも知れません。

  • posted by flanmama 
  • URL 
  • 2009.01/18 14:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

Flanmama

Author:Flanmama
【名前】 Flan
【猫種】 ラグドール 女の子
【毛色】 ブルーポイントバイカラー
【誕生日】 2008年3月29日

ランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索